フルオンチェーンNFT技術を活用したデータ消去証明書の発行

スマートフォンデータ消去サービスにおいてデータ消去処理完了証明書をNFTで発行します

株式会社ブレイバーはこれまで企業・官公庁向けに提供していたスマートフォンデータ消去ソリューション『MASAMUNE Erasure』において、データ消去処理完了証明書をNFT(non-fungible token)で発行する機能を搭載致します。データ消去処理完了証明書を消去・改ざん不能なブロックチェーン上にNFTとして発行することにより、データ消去を依頼したクライアントはいつ、どこで、だれが端末の消去をしたのかを誰でも確認することができるようになります。

Ethereum互換ブロックチェーンPolygon上で発行された フルオンチェーンデータ消去証明書NFT

株式会社ブレイバーはデータ復旧・データ消去ソリューションを提供しています

株式会社ブレイバー(以下 「当社」と言う)は1988年に創業後、2002年からデータ復旧事業を「データサルベージ」の屋号にて全国展開しています。2011年の東日本大震災では1000台以上ものHDDやストレージなどのデータの復旧を担当し、2012年のフィリピン タクロバンではスーパー台風ヨランダによる水害によるデータ復旧のボランティアを実施しました。2015年にはNHKクローズアップ現代や他のテレビ番組でデジタル遺品整理『LxxE』デジタル遺品整理について取り上げて頂きました。当社ではデータ復旧で培った技術を基にデータ消去事業を立ち上げ、データ消去ソフトを販売してきました。現在では中小企業から大手企業でデータ消去ソフトウェアをご利用頂いております。

高まるデータ廃棄リスクへの関心とNFTを活用したデータ消去処理完了証明書の提供

近年では個人情報の保護や企業の内部データの保護への重要性が認識され、データ保存媒体の廃棄の際にデータ消去サービスが利用されることが増加してきました。しかしながら、適切にデータ消去が行われず、企業や官公庁のデータ流出等の事故がたびたび報道されております。 そこで当社では、データ消去ソフトウェアと連動し、消去処理完了時にデータ消去処理完了証明書をNFTで発行する機能を開発しました。本NFTはイーサリアム互換のパブリックチェーンであるポリゴン上に発行されます。データ消去情報がブロックチェーンに書き込まれることにより、いつ、だれが、なにを消去したのかというデータが改ざん不能であり誰でも検証可能な形で記録されます。また本NFTはipfs等にNFT本体のデータを保存するオフチェーン型のNFTと異なり、ブロックチェーン上にすべての情報を記載するフルオンチェーン形式で消去情報を記録します。このため、ブロックチェーンが消滅しない限りデータ消去処理完了証明書は残り続けます。

MASAMUNE Erasure と MASAMUNE NFT System 連携イメージ

データ消去処理完了証明書NFTがもたらす価値

データ漏洩リスクによる企業価値の低下を防ぐために、生きたデータを守るセキュリティアプライアンス等への投資は年々増加しています。役目の終わったデータ媒体への投資(適切な廃棄)もこれらと同様に極めて重要ですが、データ消去はその性質から見える化しづらいものでした。今回発表したデータ消去処理完了証明書NFTは、データ消去に取り組む企業の企業価値を向上させます。どれだけ適切にデータを廃棄したか、つまり本NFTの所有量が企業価値を高めることになると考えています。

分散型自律組織(DAO)を設立し、本サービスを提供します

株式会社ブレイバーはDAO(分散型自律組織)を設立しその一員として本プロジェクトを遂行します。ERC20規格のコインやERC721、1155規格のNFTにおいてはデータ自体に価値がありましたが、今回実現するプロダクトはこれまでとは逆にデータを消去することにより価値を生み出します。この新しい価値創造を最大化するため、DAOにおいて提供します。

【企業情報】

会社名:株式会社ブレイバー 代表者:代表取締役 阿部 勇人 所在地:東京ラボ – 東京都葛飾区高砂8-28-10 マハセラヴィ高砂2F 事業内容:データサルベージの屋号でデータ復旧サービスを展開中。20年の蓄積した技術、経験を活かし、データの複製、消去に関わるソフトウェアの開発。様々な業種・業態の企業・団体様にご利用いただいております。 https://www.data-salvage.jp/ 製品名:データ消去ソフト MASAMUNE Erasure https://www.masamune.com/ja/

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】

株式会社ブレイバー 担当:佐藤、阿部 電話:050-1742-2018
The post フルオンチェーンNFT技術を活用したデータ消去証明書の発行 first appeared on データ復旧・データ復元のデータサルベージ.

プレスリリース:「MASAMUNE Erasure」提供開始 データ復旧のスペシャリストが開発・販売

IT企業の株式会社ブレイバー(東京都港区 代表取締役社長 阿部勇人)は、官公庁や大手企業などの重要機密データの入ったモバイル端末のデータ消去にも適したスマートフォンデータ消去サービス『MASAMUNE Erasure』を2016年12月1日(木)に提供開始いたします。

年間約3000万台も存在する捨てられない「携帯電話・スマホ・タブレット」

携帯電話やスマホ、タブレットなどのモバイル端末の業務利用が一般企業をはじめ官公庁でも増える中、モバイル端末の処分方法が問題となっています。2015年のモバイル端末の年間出荷台数が約3,658万台※1もあるのに対して、リユース・リサイクル・破棄の目的で回収された端末台数は約566

万台※2であることから、約3,092万台が未回収である可能性があります。

その理由の一つに、モバイル端末には業務上の機密データが含まれていることが多いということがあります。その結果、処分できず自己保管となっているケースも多くあります。

※1 2015年度通期国内携帯電話端末出荷概況(MM総研調べ)

※2 平成27年度携帯電話・PHSにおけるリサイクルの取り組み状況について(モバイル・リサイクル・ネットワーク調べ)

官公庁や大手企業のデータ復旧サービスを行ってきたブレイバーが手がける「消去サービス」

本サービスを提供するブレイバーは、2000年から携帯・スマホ・タブレットのデータ復旧サービスを展開しています。復旧不可能とされたモバイル端末のデータを復旧させる技術が認められ、官公庁や大手企業のデータ復旧を年間で約800件以上請け負っています。

MASAMUNE Erasureの特徴

①クラウド上で消去ログを確認可能、更にデータ消去証明書も発行

複数端末を同時に消去することが可能で、管理画面で「いつ、どこで、誰が」消去したかという履歴を管理できます。さらに、電子署名付きのデータ消去証明書の発行も簡単に行うことができます。長年に渡り培ったデータ復旧サービスでの経験から、データ分析の結果に基づき、簡単な操作でデータ消去することができるようになりました。そのアルゴリズムにより、複数の機種、複数台のスマートフォンを同時に消去することが可能です。『MASAMUNE Erasure』は20台以上の複数台数の平行消去、ログ管理、重要情報のインポートなど、スマホデータの一元管理を提供できます。

②SDカードの検知機能

スマホにSDカードが差し込まれてたままだと、たとえ端末のデータを消去したとしても、SDカード内にデータが残り、中古市場や譲渡によるリユースの場面で、情報漏洩に繋がります。『MASAMUNE Erasure』では、SDカードが差し込まれていないかを検知する機能を搭載しております。

③Root化・Jail Breakの検知機能

androidのRoot化やiPhoneのJail Breakの検知、ハッキングの履歴を検知する機能を搭載しており、リユースする際の情報漏洩リスクを防ぐことができます。

ローンチ記念キャンペーンを実施 2017/2/28まで

この度のローンチを記念して「利用料10%OFFキャンペーン」を実施します。年間1000台以上のデータ消去の契約で、2017年2月28日までに注文していただいた方に限ります。

【株式会社ブレイバーとは】

1988年の設立以来、デジタル機器に残された痕跡から大切なデータを復旧するサービスを提供するデータリカバリーのリーディングカンパニー。主なクライアントは大手企業や官公庁、教育機関など。

2011年の東日本大震災では医療機関サーバーの復旧など端末破損でも復旧してきた高い技術力と経験値、実績を持つ。PCの復旧だけでなくスマートフォンでの実績も重ねている。

企業ホームページ http://www.braver.co.jp/

本サービスは、高度なデータ復旧技術を有するブレイバーが開発したモバイル端末のデータ消去サービスです。これまでの復旧技術とソフトウェアの開発ノウハウで、データ消去アルゴリズムを独自開発しました。

以下 プレスリリースのPDF資料をダウンロードできます。

adobe_pdf_logo (417 KB)