暗号資産(仮想通貨)の救出「クリプトサルベージ」の開始

株式会社ブレイバー(本社:東京都葛飾区 代表取締役:阿部 勇人)が運営する「データサルベージ」は、故人の暗号資産を救出する新しいデジタル遺品整理サービス「クリプトサルベージ」を開始致します。独自のデータ復旧・復元技術を用いて、ビットコインやイーサリアムなど1万種の暗号資産を救出いたします。換金(両替)、確定申告、納税までワンストップで対応し、時代にあった遺族サポートを手掛けてまいります。
データ復旧サービス、デジタルフォレンジックサービスを提供しているデータサルベージは、2015年5月16日に日本初となる「デジタル遺品サービス」をスタートしました。当時はNHKをはじめとしたテレビ局、新聞社にて大きく取り上げられ、大きな反響を頂きました。 2022年、本サービスをアップデートし、お亡くなりになった方が所有していた暗号資産の調査・救出サービスを日本で初めて(※1)開始します。デジタル遺品と言う言葉が作られてから7年目。デジタル遺品の案件には写真やアドレス帳などのデータ以外に、金融資産の調査依頼を頂く事も少なくありません。そこで、銀行や証券会社はもとより、埋没した暗号資産による収益を見える化し、日本円への換金・両替、確定申告までサポートします。適切な相続を実現し、意図しない追徴課税を防ぐことで、ご遺族様を支援致します。

暗号資産救出サービスを開始した背景

昨今、急速に暗号資産をはじめとするブロックチェーン技術の進歩がみられる一方で、暗号資産所有者を保護する法整備は遅れており、今後、暗号資産を適切に管理・相続できるサービスは必須になると考えます。 22年1月は1兆3743億900万円の取引が行われ、326万件の暗号資産口座が稼働していると言われます。これは日本人の約39人に1人が暗号資産に関わっている計算です。また現在も、稼働している暗号資産口座数は毎月数万件のペースで増加しています(出典1)。そのため「高齢の親が暗号資産を持っている」「旦那がビットコインやNFTの取引をしている」などといった世帯は急増していると考えられます。 暗号資産で得た利益は課税対象となり、20万円を超えると確定申告を行う必要があります。また所得金額に応じて最大45%の所得税支払いが発生します(出典2)。また適切な確定申告を行わないことで15~20%の無申告加算税が発生する可能性もあります。 取り出せなくなった暗号資産を救出し、適切に相続することで、時代にあったご遺族様の資産サポートを実現します。故人しか知り得ない未知の仮想通貨を探し出す事で、相続資産を遺族に継承できる他、国に対しては相続の税収にも貢献出来ると考えています。 出典1:日本暗号資産取引業協会(https://jvcea.or.jp/about/statistics/) 出典2 国税庁 (https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2260.htm

「クリプトサルベージ」サービスの詳細と料金プラン

暗号資産救出サービス「クリプトサルベージ」では、暗号通貨取引所に預けている故人の暗号資産を調査・救出し、ご遺族に引き渡しを行います。暗号資産のみだけではなく昨年からトレンドであるNFTにも対応。また「認知症の進行などで暗号資産口座の在処がわからなくなった」「電話番号やメールアドレスが使えなくなった」等、ご存命でも起こりうるトラブルにも対応いたします。既存で提供しているデジタル遺品整理サービス同様、金融機関、弁護士、税理士、会計士、葬儀社、遺品整理業社からのご相談や協業等もお受けいたします。

対象デバイス

  • パソコン(Windows、Mac)
  • スマートフォン(iOS、Android)
  • ハードウェアウォレット

対応取引所

BitFlyer(ビットフライヤー)/CoinCheck(コインチェック)/LINE BITMAX(ラインビットマックス)/楽天ウォレット/Binance(バイナンス)/ByBit(バイビット)/CoinEx(コインエックス)/Gate.io(ゲート)など

対応通貨

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)などをはじめとした暗号資産10,000種類以上

その他

各ウォレットやマイニングプールなど

費用

  • 調査費 30万円(1デバイス追加毎に10万円)
  • 成功報酬 10%〜22%

その他のサービス

  • 資産管理計算サポート 調査、救出させて頂いた各ウォレットから暗号資産の資産管理や損益計算を実施し、確定申告などに向けたサポートを致します。
  • 専門家ご紹介 相続などのお手続きの為に、弁護士、税理士などをご紹介。依頼者の悩みをしっかり解決できる体制をご用意します。

株式会社ブレイバーとは?

1988年に設立し、20年以上、成功報酬型のデータ復旧・復元サービス「データサルベージ」を展開して参りました。通常では解除できない暗号化されたパソコンや、エクセル・ワードファイル等のパスワード、グーグルアカウント、Apple ID等を様々な手法を用いて解除するなどの希少なノウハウを有しており、大手企業をはじめ官公庁、研究機関など数万社との取引実績があります。日本国内拠点にてラボを設置しており、機密情報の漏洩などがない、安心・納得頂けるデータ復旧サービスを展開しております。 2011年の東日本大震災では1000台以上ものHDDやストレージなどのデータの復旧を担当し、現在ではデータ復旧技術の経験を元に自社開発をしたデータ消去ソフトのNFT化など、ブロックチェーンに関する技術開発を積極的に推進しております。

The post 暗号資産(仮想通貨)の救出「クリプトサルベージ」の開始 first appeared on データ復旧・データ復元のデータサルベージ.

フルオンチェーンNFT技術を活用したデータ消去証明書の発行

スマートフォンデータ消去サービスにおいてデータ消去処理完了証明書をNFTで発行します

株式会社ブレイバーはこれまで企業・官公庁向けに提供していたスマートフォンデータ消去ソリューション『MASAMUNE Erasure』において、データ消去処理完了証明書をNFT(non-fungible token)で発行する機能を搭載致します。データ消去処理完了証明書を消去・改ざん不能なブロックチェーン上にNFTとして発行することにより、データ消去を依頼したクライアントはいつ、どこで、だれが端末の消去をしたのかを誰でも確認することができるようになります。

Ethereum互換ブロックチェーンPolygon上で発行された フルオンチェーンデータ消去証明書NFT

株式会社ブレイバーはデータ復旧・データ消去ソリューションを提供しています

株式会社ブレイバー(以下 「当社」と言う)は1988年に創業後、2002年からデータ復旧事業を「データサルベージ」の屋号にて全国展開しています。2011年の東日本大震災では1000台以上ものHDDやストレージなどのデータの復旧を担当し、2012年のフィリピン タクロバンではスーパー台風ヨランダによる水害によるデータ復旧のボランティアを実施しました。2015年にはNHKクローズアップ現代や他のテレビ番組でデジタル遺品整理『LxxE』デジタル遺品整理について取り上げて頂きました。当社ではデータ復旧で培った技術を基にデータ消去事業を立ち上げ、データ消去ソフトを販売してきました。現在では中小企業から大手企業でデータ消去ソフトウェアをご利用頂いております。

高まるデータ廃棄リスクへの関心とNFTを活用したデータ消去処理完了証明書の提供

近年では個人情報の保護や企業の内部データの保護への重要性が認識され、データ保存媒体の廃棄の際にデータ消去サービスが利用されることが増加してきました。しかしながら、適切にデータ消去が行われず、企業や官公庁のデータ流出等の事故がたびたび報道されております。 そこで当社では、データ消去ソフトウェアと連動し、消去処理完了時にデータ消去処理完了証明書をNFTで発行する機能を開発しました。本NFTはイーサリアム互換のパブリックチェーンであるポリゴン上に発行されます。データ消去情報がブロックチェーンに書き込まれることにより、いつ、だれが、なにを消去したのかというデータが改ざん不能であり誰でも検証可能な形で記録されます。また本NFTはipfs等にNFT本体のデータを保存するオフチェーン型のNFTと異なり、ブロックチェーン上にすべての情報を記載するフルオンチェーン形式で消去情報を記録します。このため、ブロックチェーンが消滅しない限りデータ消去処理完了証明書は残り続けます。

MASAMUNE Erasure と MASAMUNE NFT System 連携イメージ

データ消去処理完了証明書NFTがもたらす価値

データ漏洩リスクによる企業価値の低下を防ぐために、生きたデータを守るセキュリティアプライアンス等への投資は年々増加しています。役目の終わったデータ媒体への投資(適切な廃棄)もこれらと同様に極めて重要ですが、データ消去はその性質から見える化しづらいものでした。今回発表したデータ消去処理完了証明書NFTは、データ消去に取り組む企業の企業価値を向上させます。どれだけ適切にデータを廃棄したか、つまり本NFTの所有量が企業価値を高めることになると考えています。

分散型自律組織(DAO)を設立し、本サービスを提供します

株式会社ブレイバーはDAO(分散型自律組織)を設立しその一員として本プロジェクトを遂行します。ERC20規格のコインやERC721、1155規格のNFTにおいてはデータ自体に価値がありましたが、今回実現するプロダクトはこれまでとは逆にデータを消去することにより価値を生み出します。この新しい価値創造を最大化するため、DAOにおいて提供します。

【企業情報】

会社名:株式会社ブレイバー 代表者:代表取締役 阿部 勇人 所在地:東京ラボ – 東京都葛飾区高砂8-28-10 マハセラヴィ高砂2F 事業内容:データサルベージの屋号でデータ復旧サービスを展開中。20年の蓄積した技術、経験を活かし、データの複製、消去に関わるソフトウェアの開発。様々な業種・業態の企業・団体様にご利用いただいております。 https://www.data-salvage.jp/ 製品名:データ消去ソフト MASAMUNE Erasure https://www.masamune.com/ja/

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】

株式会社ブレイバー 担当:佐藤、阿部 電話:050-1742-2018
The post フルオンチェーンNFT技術を活用したデータ消去証明書の発行 first appeared on データ復旧・データ復元のデータサルベージ.

年末年始の休業のお知らせについて

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼を申し上げます。
さて、データサルベージでは誠に勝手ながら下記の日程を本年度の年末年始休暇とさせていただきます。
何卒ご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

至急でのご相談・ご依頼をご希望の方は、お電話にて受付をさせて頂いております。

電話番号:050-1745-9800

東京本社

2020年 12月30日(水) ~ 2021年 1月3日(日)

関西拠点

近鉄八尾駅前店

奈良橿原店

2020年 12月29日(火) ~ 2021年 1月3日(日)

東北拠点

仙台南店

2020年 12月30日(月) ~ 2021年 1月4日(月)

仙台北店

2020年 12月26日(土) ~ 2021年 1月4日(月)

The post 年末年始の休業のお知らせについて first appeared on データ復旧・データ復元のデータサルベージ.
カテゴリー: 未分類

iPhoneの容量不足によるリンゴループ障害における「STOP!リンゴループ」の活動参加について

直近 お問い合わせが増えているiPhoneの容量不足によるリンゴループ障害について、弊社は「STOP!リンゴループ」の活動に参加しました。

弊社も含め、世界的にも復旧方法が見つからない事に現場は苦慮している障害です。

 

2020年6月事象発生のリンゴループ障害について

 

Screenshot of www.data-salvage.jp

2020年6月事象発生のリンゴループ障害について

The post iPhoneの容量不足によるリンゴループ障害における「STOP!リンゴループ」の活動参加について first appeared on データ復旧・データ復元のデータサルベージ.
カテゴリー: 未分類

関西サービス拠点 (大阪・奈良)開設のお知らせ

今年 2019年からスマートフォン(iPhone、Androidなど)に関わる技術力の向上の為に、スマートフォン研究所社と技術提携、並びに研究開発を行ってまいりました。この度、スマートフォン研究所社の拠点がある大阪府と奈良県の方にデータ復旧の事業分野においても受付を開始いたしましたのでご報告をさせて頂きます。引き続きデータサルベージ、スマートフォン研究所をよろしくお願いいたします。

 

データサルベージ 近鉄八尾駅前店(スマートフォン研究所内)

〒581-0004
大阪府八尾市東本町3-5-7 ダイヤビル1F(地図
電話番号:050-1742-0295

データサルベージ 奈良橿原店(スマートフォン研究所内)

〒634-0007
奈良県橿原市葛本町307-12 アメニティ1F(地図
電話番号:050-1742-0295

The post 関西サービス拠点 (大阪・奈良)開設のお知らせ first appeared on データ復旧・データ復元のデータサルベージ.
カテゴリー: 未分類

東北サービス拠点(宮城県 2店目)仙台北店 開設のお知らせ

この度、仙台市泉区高森にて弊社パートナー「パソコンとスマホの窓口」に、持ち込み受付窓口を開設させて頂くこととなりました。仙台データ復旧 仙台北店
パソコンの買い換えや、修理が必要なトラブルはそのまま「パソコンとスマホの窓口」が対応致します。
データの復旧については、「パソコンとスマホの窓口」が店頭で受付け、弊社東京本社にて復旧作業を行います。

引き続き 宮城県仙台市で産声をあげましたデータ復旧・パソコン修理のデータサルベージブランド 仙台南店・仙台北店をよろしくお願いいたします。

パソコンとスマホの窓口 デジタルサポートマイト キャラウェイ店

〒981-3203
宮城県仙台市泉区高森7-2 ショッピングガーデン・キャラウェイ2F

データサルベージ東北 仙台北店

The post 東北サービス拠点(宮城県 2店目)仙台北店 開設のお知らせ first appeared on データ復旧・データ復元のデータサルベージ.
カテゴリー: 未分類

東北サービス拠点(宮城県)仙台店 開設のお知らせ

さて、弊社は2010年の営業所設置から、皆様にご愛顧頂いて参りましたが、諸般の事情により2018年5月末日を持ちまして営業所(若林区新寺)を閉鎖致しました。
今後についてですが、仙台市弊社パートナー「パソコン修理仙台.com」に、持ち込み受付窓口を設置させて頂くこととなりました。
修理が必要なトラブルはそのまま「パソコン修理仙台.com」が対応致します。

データの復旧については、「パソコン修理仙台.com」が店頭で受付け、弊社東京本社にて復旧作業を行います。

引き続き 宮城県仙台市で産声をあげましたデータ復旧・パソコン修理のデータサルベージブランドをよろしくお願いいたします。

データサルベージ 仙台南店 佐々通オンサイト内

〒982-0011
宮城県仙台市太白区長町6丁目6-11 啓陽第二1F
(佐々通オンサイト内)

データサルベージ東北 仙台南店

The post 東北サービス拠点(宮城県)仙台店 開設のお知らせ first appeared on データ復旧・データ復元のデータサルベージ.

TBSテレビ『Nスタ』にて「大雨災害時の記憶装置の取り扱い」について取材を受けました。

この度は、西日本を中心とする大雨災害で被災された皆様にお見舞いを申し上げます。
震災の時に取材を頂いたTBSテレビ Nスタから電話取材があり、当時の東日本大震災の教訓を元に、「水没した記憶デバイス(ハードディスク、SSD など)は、自ら洗浄は行わず濡れタオルに包んで データ復旧の専門会社にご相談ください」
とお伝えしました。

思い出の写真をはじめ 企業の大切なデータが取り戻される事をいち当社技術者一同お祈りをしております。
 


TBSテレビ Nスタ

The post TBSテレビ『Nスタ』にて「大雨災害時の記憶装置の取り扱い」について取材を受けました。 first appeared on データ復旧・データ復元のデータサルベージ.

仙台営業所 閉鎖について

さて、弊社は2010年の営業所設置から、皆様にご愛顧頂いて参りましたが、諸般の事情により来る5月末日を持ちまして営業所(若林区新寺)を閉鎖する運びとなりました。

今後についてですが協業会社様と共に 再度宮城県の皆様に貢献できる様 検討をしている所になります。

引き続き 宮城県仙台市で産声をあげましたデータ復旧・パソコン修理のデータサルベージブランドをよろしくお願いいたします。

The post 仙台営業所 閉鎖について first appeared on データ復旧・データ復元のデータサルベージ.

IDEMA JAPAN(日本HDD協会)へ入会を致しました。

 

IDEMA JAPAN(日本HDD協会)へ入会を致しました。

データ復旧の分野を始め、データ消去、故障予測の知見を広める所存です。

引き続き 当社データサルベージサービスをよろしくお願いいたします。

 

The post IDEMA JAPAN(日本HDD協会)へ入会を致しました。 first appeared on データ復旧・データ復元のデータサルベージ.